Maker Faire Tokyo 2018


    • Jedi Training Device 2018

      MFT2017のJedi Training DeviceはLEDパネルを使用し、仮想で敵が放つブラスターをイメージしていました。
      MFT2018はLEDパネルではなく、実際にボール(100均)を飛ばしてライトセーバー(自作)で跳ね返す練習をするための装置です。
      AR,VRではなく「Real」にこだわりました。
      体を動かす、動体視力、反射神経がテーマです。
      Kinect v2がプレーヤーの位置を認識し、ボールが常にプレーヤーに向けて発射されます。左右2箇所から発射口にする予定です。
      玉の勢いは弱いですが、安全のために保護メガネを装着してプレーして頂きます。
      ボールの高さの調整ができないことと、キネクトがある程度大きい人でないと認識できないので、身長制限または年齢制限を設けます。
      遊んだ後は、ボールを集めて下さいね。

      Jedi Training Device 2018 開発途中の様子

       

       

    • FFTアクセサリー2018

      MFT2016で展示した、FFTピアスの新しいバージョンです。
      2.4GHzの微弱無線、モーションセンサー、サイド型のフルカラーLEDを19個を搭載しています。
      単体で音をFFT変換し光で表現するモード、PCから無線でコントロールするモードがあります。
      USBで充電可能です。USBでファームウエアを書き換えることも可能です。
      CPUはSTM32L432です。

    • 音に合わせて光るFFTエジソン球

      音に合わせてエジソン球が光るアート作品です。

    • その他、Maker Faire Tokyo 2017に出展した展示物の一部